ブランニューシーブログ

メキシコツアー前半「コスメル」

みなんさんこんにちは
念願のメキシコユカタン半島ツアーが実現しました。
ブログをご覧いただき、参加された皆さんには懐かしんで頂き、
また,これから行きたいな~っとお考えの方には、今後の参考に見てください。
今回は大量の写真を整理するのに苦労しました。
絞っても、これだけの量になってしまいましたが、ご覧になって頂いた皆さん
からの感想など、お会いした時に頂けるとうれしいです。

DSCN7725.JPG DSCN7728.JPG DSCN7729.JPG
アメリカン航空のB777で東へ飛ぶこと12時間、ダラス空港に到着。
ここはトランジットですが、一旦入国するので空港の外へ出て見て、
アメリカ合衆国の地に足をつけます。
ナカニシさんは長時間の禁煙から解放され嬉しそう!

DSCN7730.JPG DSCN7733.JPG DSCN7742.JPG
どこを押せば上に行けるのか?、大変悩んだ空港内エレベーター、
一旦は乗るのを諦めたのでした

DSCN7738.JPG DSCN7739.JPG DSCN7740.JPG
ダラス空港ターミナル内、とても広く快適に作られています、楽しい場所でした。
機内食ではない食事をここで始めて取ります。
今回参加頂いた皆さんです。

DSCN7741.JPG DSCN7743.JPG DSC02098.jpg DSCN7752.JPG DSCN7753.JPG DSCN7755.JPG
さらに飛ぶこと3時間、メキシコ湾を越えてカンクーンへ、そこから車でさらに
1時間30分の移動、やっとたどり着いた港町がフダイヤデルカルメン。
ここからフェリーに乗りこんでコスメル島へ、
港周辺が全部レンガ調に地面が作られていて、器材持っての移動は辛かった!
帰りはもちろん迷わずポーター頼みましたよ!

DSCN7760.JPG DSCN7762.JPG DSCN7757.JPG
すっかり暗くなったフェスタアメリカーナホテルに到着
ライトアップが綺麗
滞在中ドリンクや食事、各施設の利用等、すべて含まれています。
カンクンやコスメルはメキシコなのに、どこでもUSドルが使えてとても便利

DSCN7764.JPG DSCN7767.JPG PA052711.JPG
ビュッフェスタイルの朝食、メキシコの食事は美味しいというのが
皆さんの感想でした。
味はアメリカ本土よりうまいと思います。

DSC02123.JPG DSC02121.JPG DSC02129.JPG DSCN7957.JPG DSCN7958.JPG DSCN7773.JPG
器材を持って敷地内の一番海側にある「ダイブハウス」へ
桟橋からボートに乗っていよいよポイントへ

DSCN7788.JPG DSCN7784.JPG DSCN7807.JPG DSCN7814.JPG DSCN7812.JPG DSCN7836.JPG DSCN7844.JPG PA062778.JPG DSCN7797.JPG
日本人ガイドのケイコさん、手にしているのは、タラバガニの種類
だそうで、食べるとやはり美味しいそうです。
ここはナショナルパークなので、禁漁になっていて、 巨大な伊勢海老
など,そこらじゅうにいるんです。
カリブ海の特徴として、とにかくヤッコが超巨大!
確実に3枚に下ろせる感じです(笑)
2枚目はフレンチエンジェルフィッシュ
3枚目グレイエンジェルフィッシュ
4枚目がクイーンエンジェルフィッシュ
5枚目フォーアイバタフライフィッシュ
6枚目ひげがいっぱいのユーモラスのアンコウの一種、トードフィッシュ
7枚目Porkfishと呼ばれています。
8枚目ハコフグの幼魚、モノトーンのドットはなかなか素敵でしょ
9枚目イセエビの撮影大会

DSCN7919.JPG DSCN7830.JPG DSCN7831.JPG
ダイビングの合間はこのように船首で皆マッタリ

DSCN7889.JPG DSCN7886.JPG DSCN7880.JPG DSCN7884.JPG DSCN7892.JPG DSCN7960.JPG DSCN7969.JPG DSCN7974.JPG DSCN7777.JPG DSCN7983.JPG DSCN7819.JPG DSCN7824.JPG
透明度の素晴らしい海をご覧ください、魚はちょっと少なめですが、
とても気持ちよい海でした。
うまく砂に隠れたつもりのエイ、分かりましたか?

DSCN7947.JPG DSCN7948.JPG DSC02125.JPG
夜は卓球やビリヤード楽しんだり、中庭にあるプールで泳げます。
プールから出ずにドリンクがオーダー出来る「ウォーターバー」がありました。

この後、カンクーンへ移動して、明日からのセノーテへ向けてエネルギー充填です。
「メキシコツアー後半「セノーテ」もぜひ見てくださ~い!

メキシコ後篇へ続く

メキシコツアー後半「セノーテ」

到着から3日後、コスメル島のフェスタアメリカーナホテルを後にし、
再び派手なフェリーに乗り、ブダイヤデルカルメンへ
送迎車を乗り間違え、さらに、港へ向かうべきところを空港へ行き、
ドライブしちゃいました
(苦笑)

DSC02151.JPG DSC02162.JPG DSC02155.JPG
船の中で移動中、地元の音楽や歌のショーがくりひろげられ、退屈しません。

DSC02142.JPG DSC02166.JPG DSC02168.JPG 
ブライヤデルカルメン、港の雰囲気

DSCN7986.JPG
後ろ姿で去りゆくコスメルの港を撮影中のアキモト氏、
今回多くの写真提供頂きました、ありがとうごっざいます。

DSC02169.JPG DSCN8012.JPG DSCN8014.JPG
ブダイヤデルカルメンからカンクン市内のホテル「QBAY」へ移動、
このホテル、メインの入り口から見ると大丈夫?って感じのホテルでしたが、
一旦裏へ出てみると、真っ白なビーチがあるリゾートホテルでした。

DSCN8016.JPG DSCN8017.JPG DSCN8168.JPG DSC02232.JPG DSC02187.JPG DSCN8008.JPG
夜は市営の巡回バスを使って、「ライスラー ショッピングビレッジ」へ遊びに行きます、
バスの料金は1人1$、安いのはいいんだけど、この運ちゃんガンガン飛ばします。
スピードの好きな私もちょっと怖いほどの爆走ぶり(笑)

DSCN8176.JPG DSCN8005.JPG DSCN7998.JPG 
ショッピングモールは賑わっていて、店舗数も多く活気があります、
2晩共このショピイングモールで食事をとりました。

DSCN8001.JPG DSCN8003.JPG DSCN8004.JPG
初日はやっぱりメキシコ料理、前菜食べ過ぎてメインが出る前に結構
お腹いっぱい。
さらにこの写真のヤシの木カクテルには、ピナコラーダ、マルガリータ、
マンゴージュースなどが入りボリューム満天!意外と美味しく、
お代りが出来たので、2杯飲みきりました。ゲホッ

次は待望のセノーテダイビング、
朝8時半、カンクーン市内のホテルを出発、目的地へは高速道路を南に車で
約1時間40分。
この時期雨季の最後とあって、途中から雲行きが怪しく、ついに前が見えない
ほど激しい土砂降りの雨に、
これじゃセノーテでいち押し「光のカーテン」が
見られないじゃん~っと全員で落胆。
ところが!潜り始めたころから上空の雲が切れ始め、ついに太陽の強い日差しが登場!
光のカーテンが舞い降りてきて、感動のシーンを見る事が出来超ラッキー。
さらに、若干1名、ホテルのベランダにウエットスーツを忘れて来るという
とんでもない「人」も居ましたが、たまたま、現地サービスが用意してあった
予備スーツを借りることが出来、ウルトララッキーでした、マヤの神に感謝!

DSCN8155.JPG DSCN8094.JPG DSCN8097.JPG
今回訪れたセノーテの場所は「チャックモール」という代表的な場所、
のんびりとした公園の中で器材をセッティングします。
この日はたまたま日曜日だったので、とっても空いていてラッキー。
基本的に現地の人は日曜日仕事をしません。。
器材を背負ったら階段を下って行きます、すると写真のような泉が現れます

DSCN8100.JPG DSCN8102.JPG DSCN8105.JPG
良く整備されたメジャーなポイントです。
立ったまま、後ろへ倒れるスタンドバックエントリー、意外と楽しい。
フィンを穿き忘れていた人もいました(苦笑)
ガイドやアシスタントはダブルタンクが義務化さています。

DSCN8036.JPG DSCN8037.JPG DSCN8031.JPG DSCN8049.JPG DSCN8042.JPG DSCN8053.JPG
ケーブの奥へ行こうとすると必ずある有名なドクロが描かれた看板、、
これより先へ入ると「死ぬぞ」っという警告です。
特別なケーブダイブの訓練を受けた者だけが行けるテクニカルダイブの
世界なんです。

DSCN8061.JPG DSCN8065.JPG DSCN8072.JPG DSCN8075.JPG DSCN8079.JPG DSCN8090.JPG
思った以上に奥へ入って行き、ライト無しではなにも見えないんじゃ
ないかと思われるところまで連れて行ってくれます。
フロリダでケーブダイブの訓練を受けて来た僕自身、普通のダイバーに
こんなところを潜らせるの?って少しびっくりぐらいの場所で、垂れ下がった
巨大な鍾乳石や下から成長した石柱など、見慣れている僕でさえも感動、
さすが世界一のケーブが揃っているユカタン半島でした。

DSCN8092.JPG DSCN8114.JPG DSCN8116.JPG DSCN8124.JPG DSCN8128.JPG DSCN8137.JPG
水深12M以深は海水が入り混じり、浅い部分の淡水との境目にハロークライン
が出来ています。
境目ではモヤモヤと視界が悪く、淡水側へ戻ると恐ろしいほどの透明度で、
気分がスッキリする感じ、最高です。

DSCN8146.JPG DSCN8022.JPG DSCN8023.JPG
左の写真、ここは、かつて遠い昔、海中であったことの証、貝の化石です

DSCN8151.JPG DSCN8162.JPG DSCN8164.JPG
帰り道、またもや豪雨!本当にラッキーな一日でした、
そして今回お世話になった現地サービスのみなさんとホテル前で記念撮影、
現地でガイドを目指す日本人の若きエース、センゴク君、
そしてローカルガイドのケッタールさん、2人ともナイスガイでした、
お世話になりました。

DSCN8182.JPG DSCN8011.JPG DSCN8184.JPG
最終日に入ったイタリアンのお店でラストにオーダーしたカフェラテ、
これが半端じゃなくハズレ!
まったく湯気が立ちあがらない程温度も低く、泡ばかりで飲めない!
参加された皆さんに思い出してもらおうと敢えてこの写真も掲載しました(笑)
今回ご参加頂きました皆さんです、左からカトウさん、アキモトさん、
ナカニシさん、そして私、さらに右がオオタさん、カトウさん総勢6名でした、
皆さんありがとうございました。
カンクン国際空港を飛び立った直後、機内の窓から撮影した1枚、
右側あるリーフにリゾートホテル群が立ち並んでいます、ちっちゃくて良く
見えないですね。
これでメキシコともお別れ、楽しかったからまた来るよ~!
最後までご覧いただきました皆さんありがとうございます
参加されました皆さんお疲れ様でした。

メキシコ前篇へ戻る

10月4日(日)~10月11日(日)『ラパスとカボプルモ』ツアー報告

 8日間のメキシコ西海岸のダイビングツアーに行ってきました。
 BNSとしては過去2番目に遠方で、ちなみに一番遠かったのはカリブ海のグランドケ
 イマン島でした。
写真を使いながら、簡単なツアー報告をさせていただきます。
10月4日成田を午後飛び立ち大韓航空でまずはロサンゼルスへ向かいます。
機内食_edited-1.jpg LAX空港_edited-1.jpg POLICEの新兵器_edited-1.jpg
写真左)さすが大韓航空、機内食はなんとビビンバアイコン乗客が皆な、スプン片手に
     カチャカチャ鳴らしながらかき混ぜるシーンは結構笑えました。
     サナエちんもガチャガチャ中。
写真右)朝のロス空港に到着、さすが世界のハブ空港、いつも大勢の人で賑やか。
写真右)空港内にセグウェイ発見アイコン
    よく見るとポリスバージョン、LAX空港は広いから、遠くまでもカッ飛んで
    行くんでしょう。
ロスカボスに到着_edited-1.jpg 直線道_edited-1.jpg ラパスのごみ箱_edited-1.jpg
写真左)やっとロスカボスに到着、肌寒かったロスと違い暑い!
     ここから車でラパスまでさらに3時間半北上する、アイコン
写真中)どこまでも続く直線道路、信号も渋滞もありません。気持ちいい。
写真右)海沿いで結構見かけたごみ箱、みなさん意外と気に入ってました。
マルコ.JPG ジョナサン_edited-1.jpg インタビュー_edited-1.jpg
写真左)今回お世話になったバハダイビングサービスのスタッフマルコ、
    彼はなぜか流暢な日本語を使う。
写真中)同じくスタッフのジョナサン、彼がほとんどガイドをしてくれました。
写真右)楽しいビデオを作るため、一生懸命インタビューするシメさんさすがプロ!
ラパスのポイント_edited-1.jpg ロスイスロテス_edited-1.jpg あれ?魚?_edited-1.jpg
写真左)乾燥した大地、人はとても住めそうにありません、この真下がポイント。
写真中)有名なアシカのコロニー(ロス・イステロス)、水族館と同じ作り?風景?
写真右)なんと水中で鳥とダイバーとぶつかりそうになる、不思議な世界。
     ヤツのスキン技術は半端じゃない。
アシカ君と指で遊ぶ_edited-1.jpg ガブッ_edited-1.jpg だっこ_edited-1.jpg
クロちゃんの指?       カップ!噛みつかれた        え~抱っこ?
アシカショー_edited-1.jpg アシカを追う_edited-1.jpg 哀愁_edited-1.jpg
人目を気にしないアシカたち      ナイスな動き     哀愁漂ういいお顔
バンドウイルカ群れ.jpg ホエール.jpg ホエールテール.jpg
写真左)移動中に見かけたバンドウイルカの大軍、写真ではうまくおさまってないが、
     数百頭の群れでした。
写真中)クジラ発見、ここまで船で近付いたのは初めて、多分ナガスクジラ?
写真右)このテールをみてまた感動。
これぞメキシコ料理_edited-1.jpg コンチネンタルスタイル_edited-1.jpg ナンパ?_edited-1.jpg
写真左)これぞメキシコ料理、入ったのはごく普通のレストランでしたが、
     量も辛さもなかなかのもの、食べきれず少々残しちゃいました。
写真中)ラパスを離れる朝、初めてホテルでコンチネンタルスタイルという朝食を
     体験する。コーヒーとパンが一枚出たきりその後なにも出ない、
     しびれを切らしてシメさんがボーイに聞くと、「出るものは以上」とのこと、
     一同ショボン、なんとも寂しい朝食スタイルなんだろう、腹へった。
写真右)ストーカーを撮った写真ではありません。朝8時開店と書いてあるバーガー
     キングの前で、たむろする女子高生をナンパ?
     彼女たちはスペイン語しか通じないはずなのに、シメさんのオーラで皆を笑顔に、
     すごい!
     ちなみにこのバーガーキング、待ちに待って開店したのは10:30、恐ろしや・・・
ホテルプールからの外観_edited-1.jpg バンウオーマープール_edited-1.jpg プールでくつろぐ3人_edited-1.jpg
写真左)いよいよ第2のリゾート「イーストケープ」に移動します。
     ラパスから車で約2時間、ホテルはこのように本格的なリゾートでした。
写真中)中庭のプールから広がる海の景色は最高、目の前の海でスキンダイビング
     したら、なんとでっかいカメと2匹も遭遇、いろいろ楽しめます。
写真右)さっそくプールへ、3人はどことなく草津の温泉風ですが、リゾートですから、
     お間違いなく。
バンヲーマーリゾートで_edited-1.jpg  一斉バックロールエントリー_edited-1.jpg  リップルマーク_edited-1.jpg
写真左)レストランのテラスでまずは集合写真、バハの日差しはまぶしい!
写真中)いよいよカボ・プルモのダイビング、船からアンカーを打たずに、
     全員がイッセイーノッセーでエントリーするスタイル、緊張の一瞬です。
写真右)この見事なリップルマーク見てください、絶対教材に使おうと撮った一枚です。
皆さん大移動_edited-1.jpg  黄色のお魚は何?_edited-1.jpg   ギンガメを観察_edited-1.jpg
人も魚もみんなで移動だ!    魚に埋もれるメグピー    これぞS席、圧巻です
安全停止中の2人_edited-1.jpg  ギンガメの中のアシカ_edited-1.jpg
安全停止中のクロさんとアヤさん   安全停止中のアシカさん(んなわけないか) 
カノピー_edited-1.jpg アヤちゃん滑る_edited-1.jpg
ここからがイーストケープのオプショナルツアーです、いろいろチャレンジしてきました。
写真左)ダム建設職人の集合写真ではありません。 カノピーっという遊びで、
     深い渓谷をワーヤー1本で、次々と渡って行くのですアイコン
写真右)徐々に緊張が取れて来てこの笑顔、最後にはミニバンジージャンプが用意
     されておりました。若干1名、軽いムチウチになった人もいましたが、動画が
     ありますので、本人の許可が出れば、アップしますので、ぜひご覧ください。
     ご本人には申し訳ないのですが、結構笑えます。、アイコン
クルーザー_edited-1.jpg 朝日と共に出港_edited-1.jpg 心地よい眠り_edited-1.jpg
写真左)釣りのメッカに来ているので、当然カジキ釣りに挑戦!クルーザーを
     チャーターしていざ出陣。
写真中)朝日が昇ってきました、はやる気持ちを抑えて釣り場へ急行!
写真右)決して酔ってるわけではありません、揺れが眠気を誘うのです。
釣る_edited-1.jpg カツオが釣れた_edited-1.jpg アジが釣れた_edited-1.jpg
  カジキ釣るぞ           おっとカツオだ        これはアジー?マジー
マッサージ_edited-1.jpg ロスカボスからLAXへ_edited-1.jpg

成田到着_edited-1.jpg 写真左)シメさんは、世界中どこを旅しても、必ずお世話になるマッサージ。
     今回もお店を見つけて1時間こんなスタイルでした。
写真中)これでバハカルフォルニアともお別れ、ロスへ向かいます。
     でもまだ1泊必要、成田までの道のりは遠い。
写真右)全員無事成田に到着!誰も新型インフルエンザにかかったり、税関で別室に
     連れて行かれることもなく、元気よく帰ってこれました。
     
     *最後に感謝をこめて、
     今回、ご参加いただいた皆さんへ、
     全員がまとまりある行動のお陰で、忙しいスケジュールもすべてこなし、
     限られた時間をとても有意義に過ごすことが出来ました。
     
     メンバー、左からメグピー、サナエちん、アヤちゃん、クロちゃん、シメさん、
     皆さん本当にありがとうございました。
     また、今回のような大人のリゾートツアーを開催したいと思います。
     多くの方の参加を、心よりお待ち申し上げます。
    
     

無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら

スタッフ募集

2017 December
Mo Tu We Th Fr Sa Su
« Nov    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リフレッシュコース
ドルフィン 学生プラン 沖縄でダイビングするなら ブランニューシー ブログ グットスクバーセンター NAUI お問い合わせ コラム

PAGE TOP