コラム

スキューバダイビングは、経験を積めばできることも増え、楽しみ方が広がります。もっと早くから始めていれば良かった!と後悔しないうちに、ライセンスを取ってしまいましょう。

・・・つづきはこちら

学生時代は自分のために使える時間もまだたくさんあり、一生の趣味を見つける良い時期でもあります。何か新しいことを始めたい学生さんに、スキューバダイビングはオススメです。

・・・つづきはこちら

今まで経験したことのない自然体験ができるスキューバダイビングは、人生観を変えてしまうほどの力があります。ダイバーがすすめる想像を絶するダイビングスポットBEST3をご紹介します。

・・・つづきはこちら

体験ダイビングは何を持参すればいいのか?またツケマやメイク、カラコン、ネイルはしたままでも潜れるの?アクセサリーはしてて大丈夫?などなど女性なら気になる事柄をご紹介します。

・・・つづきはこちら

ダイビングは水中で行う全身運動のため脂肪燃焼効率は非常に高く、ダイエットに向いています。さらに美容の大敵であるストレス解消にも繋がり、綺麗になりたい女性におすすめです。

・・・つづきはこちら

ダイビングのライセンスであるCカードを取得するためには講習を受ける必要がありますが、全く泳げない人でもその講習を修了させるまでの間に泳げるようになれれば問題はありません。

・・・つづきはこちら

ダイビング中の日焼け止めは不要と考える人もいますが、海の中にも紫外線は届くため必ず日焼け止めを塗りましょう。肌を気にする女性だけでなく男性も日焼け止めは必須です。

・・・つづきはこちら

ダイビングをするときには、女性でも男性でも長い髪はまとめましょう。ヘアスタイルはオシャレだけでなく安全性にも関わってきます。太目のゴムでしっかりと縛りましょう。

・・・つづきはこちら

ダイビングに参加する前に健康チェックを行いますが、病歴の報告を怠ってしまったがために事故が起きる可能性は否めません。医師の診断書がなければダイビングができない場合もあります。

・・・つづきはこちら

日本人の旅行者が多いグアムは、ダイバーたちのあこがれの国でもあります。美しい海にはダイビングスポットがたくさんあり、グアムでしか見ることのできない景色もあります。

・・・つづきはこちら

海の中でも目はよく見られる部分です。一見マツエクのほうが良い印象がありますが、つけまにもそれなりにメリットが存在するため、どちらを使用するかは好み次第でしょう。

・・・つづきはこちら

ダイビングにおいてメイクは基本的にNGです。メイクをしても水で流れてしまうという理由だけでなく、安全性や地球環境への配慮、レンタルショップへのマナーなども含まれています。

・・・つづきはこちら

ダイビングで使用するマスクには度付きのマスクもあるので視力が悪くても問題ありません。ただし、水中は陸上よりも物が近く大きく見えるため度の合わせ方に注意が必要です。

・・・つづきはこちら

ダイビングを行う際はウェットスーツを着用しますが、その中に着る水着は基本的に何でも構いません。ビキニは着脱しやすいため、中にインナーを着用するならむしろ向いています。

・・・つづきはこちら

基本的に日本で発行されているCカードは世界でも通用しますが、世界的に信用のあるダイビング指導団体で取得すれば、どんな国でもダイビングを楽しめるようになるでしょう。

・・・つづきはこちら

ダイビングについて学ぶことができるダイビングスクールの選び方として重要なのが、通いやすい立地であることと学びたい知識を学ぶだけのシステムがあるかどうかを確認しましょう。

・・・つづきはこちら

まずは体験から始めたいという人とライセンス取得を目指したいという人が居るでしょう。ダイビングスクールでの体験費用はより安価で体験できます。ライセンスを取得したい場合はより多くの知識と技術が必要になるのでその分金額の設定も高くなっています。

・・・つづきはこちら

ライセンスを持っていれば、海に潜ることができるのでライセンスはダイビングには欠かせません。このライセンスには有効期限などは定められていませんが、安全に海に入るためにブランクなどがある際には潜る練習などを行ってから入らなければいけません。

・・・つづきはこちら

ライセンスには複数の種類があるのはあまり知られていません。一般的にダイビングのライセンスとしてあげられるのがCカードです。Cカードであれば3日から4日間という短い期間で取得することも出来る場合があります。

・・・つづきはこちら

ライセンスは国内でも海外でも取得できます。海外であればダイビングスポットが豊富なバリ島アメッドがおすすめです。国内の場所だと伊豆半島もダイビングスポットが豊富です。

・・・つづきはこちら

海にいる生き物の中で危険なイメージが強くダイビング中に遭遇する可能性もあるサメですが、ダイビングの最中にサメとの遭遇した際の危険や注意点についてをご紹介します。

・・・つづきはこちら

ダイビングは身体の体力を消耗するので、入水前の腹ごなしとしての食事について悩む人も多いでしょう。海に入る前の食事についてどのようにしたら良いのか注意点をご紹介します。

・・・つづきはこちら

ダイビング前につまずいてしまう人も居るのが船酔いです。船酔いの症状で体調が悪くなり、ダイビングが出来なくなることもあります。対策のために必要なことをご紹介します。

・・・つづきはこちら

女性でダイビングをする場合、海に潜る日に生理と被ってしまう場合もあるでしょう。その場合、タンポンなどの利用で水に入るのか、長時間水に浸かってもいいのかをご紹介します。

・・・つづきはこちら

女性は妊娠をすると、体調や体型が著しく変化します。ダイビングをやっている人で気になるのが妊娠期間中のダイビングです。おなかに赤ちゃんがいてもダイビングは出来るのか、ご紹介します。

・・・つづきはこちら

スキューバダイビングに体重制限や体型の制限はありません。日常生活をまともに送れるだけの心肺機能が備わっているのならたいてい大丈夫です。初めての方は無理をしないようにしましょう。

・・・つづきはこちら

ダイビング初心者はいつから水中での写真撮影ができるのかということですが、特に決まりはありません。カメラはハウジングの高い一眼レフではなくコンパクトデジタルカメラがおススメです。

・・・つづきはこちら

ダイビング初心者を脱するためには中性浮力をマスターしなくてはなりません。コツとしては適正ウェイトを知ることと呼吸をきちんとコントロールしてあげるということです。

・・・つづきはこちら

ダイビングにおけるフィンキック成功のポイントは足首の力を抜くことです。また、中性浮力をきちんとマスターしているかどうかも大切ですし脚力に合ったフィンを選ぶのも大切です。

・・・つづきはこちら

ダイビングにおける潜降のコツは基本の姿勢をマスターすることと、BCDの排気をきちんと行って空気を抜くことです。コツさえ掴めばそれほど難しいことではありませんから試してください。

・・・つづきはこちら

ダイビング中の空気を節約するためのポイントとしては、正しい呼吸方法を身につけることが大切です。そして無駄な動きを減らして、リラックスしながら楽しむようにしましょう。

・・・つづきはこちら

シュノーケリングとダイビングの違いを使用する道具やライセンスの有無、どんな場所を遊泳するのかを交えて、違いを説明していきます。両方ともに魅力がありますので、その魅力もお伝えします。

・・・つづきはこちら

これからダイビングをしてみたいと思っている人が気になるのは「年齢制限があるのか」ということです。お子さんや年配の方、どんな方でもマリンレジャーを楽しめるのか確認しておきましょう。

・・・つづきはこちら

ダイビング中にもし万が一でも漂流してしまったら、状況はどうであっても、助かるために正しい知識や対処法が必要となってくるので、しっかりと覚えておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

ダイビング中にトイレに行きたくなってしまった場合には、ウェットスーツとドライスーツによって対処が変わります。潜る前にきちんとした準備をしておくことも必要となります。

・・・つづきはこちら

ダイビングは友達と一緒に行うイメージがありますが、多くのダイバーは一人でダイビングを始めています。ダイビングのライセンス講習を受講する人は、一人での参加が多いです。

・・・つづきはこちら

ダイビング初心者の多くが苦手とするのは、マスククリアです。克服するためにはポイントがあります。マスククリアで挫折しないように、しっかりとポイントをおさえ、何度も挑戦し続けましょう。

・・・つづきはこちら

ジャイアントストライドエントリーは、ダイビングのボートエントリー方法のひとつです。バックロールエントリーに並び、ジャイアントストライドエントリーは定番のエントリー方法です。

・・・つづきはこちら

ダイビング初心者は注意しなければいけないことがあります。海の中に入るスポーツなので、安全面や体調管理の自己管理をそれぞれ個人で行います。体の異常を感じたら医療機関へ行きましょう。

・・・つづきはこちら

ダイビングのライセンスは様々な種類とランクがあります。ランクは初心者からプロ向けのコースがあり、トレーニングのレベルによって分けられています。順番に取得しなければいけません。

・・・つづきはこちら

ダイビングを楽しむ時にはタンクの中にある限られたエアーだけが頼りです。初心者ダイバーは、ベテランに較べて空気の消費が早いものですが、上手に空気消費を抑えるコツをまとめてみました。

・・・つづきはこちら

透明度のいい海に潜っても、ダイバーたちが泳いだ後は、砂が巻き上がって何も見えないということがあります。ダイビングを楽しむためにも、巻き上げおしないメリットをまとめてみました。

・・・つづきはこちら

ダイビング中にパニックになってしまった場合、まず一番意識しないといけないのは落ち着く事です。焦ると呼吸が浅くなって酸素不足になり思考力が低下したり意識がもうろうとしてしまいます。

・・・つづきはこちら

ダイビングする際、後ろ向きで入る方法、シッティングバックロールエントリーには理由がちゃんとあります。その基本知識と理由、安全なエントリーを分かりやすく解説します。

・・・つづきはこちら

海の中で魚と同じように泳げるスキューバーダイビングですが、深場に生息している珍しい魚を観察するときなどに必要なディープダイビングの素敵な魅力や注意点をまとめてみます。

・・・つづきはこちら

ダイビング初心者は周りを見る余裕がありませんが、潜ることに慣れてくるとタツノオトシゴなど海の生物を見て楽しむことができます。タツノオトシゴの生態を知ると更に楽しむことができます。

・・・つづきはこちら

Cカードを取得していても、ブランクがあるとダイビングスキルが低下し、知識も忘れてしまうものです。ブランクがある人には、マンツーマンで行うリフレッシュコースがおすすめです。

・・・つづきはこちら

ナイトダイビングは、昼間とのギャップを楽しむことができます。夜の海は独特な魅力がある分、リスクが高くなります。慎重になる必要があります。安全意識を高め、ダイビングを楽しみましょう。

・・・つづきはこちら

ダイビングにはビーチダイビングとボートダイビングがあります。ビーチダイビングは、陸からエントリーするため初心者でも楽しむことができます。時間の制限がないのもビーチダイビングの魅力です。

・・・つづきはこちら

ボートダイビングは、ビーチダイビングと違った楽しさがあります。ビーチダイビングでは味わうことのできない神秘的な世界を体験できます。ボートダイビングでダイビングの魅力を感じましょう。

・・・つづきはこちら

エキジットとはダイビングを終了し、水から上がることをいいます。特にボートダイビングでは、エキジットの手順やコツをおさえておかなければトラブルや怪我につながる恐れがあります。

・・・つづきはこちら

スキューバダイビング直後には飛行機に乗らずに、一定期間空けてください。目安時間は潜った回数によって異なるので注意が必要です。今後も楽しくダイビングをするために気をつけましょう。

・・・つづきはこちら

レギュレーターはスキューバダイビングをする上で、欠かすことができないアイテムの一つです。使い方を教わっていても自分で実際に試さないと感覚をつかめないかもしれません。確認しましょう。

・・・つづきはこちら

スキューバダイビングをするにあたって必要になるのが、ハンドサインです。ハンドサインによって海の中での状況と伝えることや、危険を知らせることもあります。ハンドサインは欠かせません。

・・・つづきはこちら

バディダイビングを行うことは海を潜るのが好きな人にとっての憧れかもしれません。インストラクターと一緒に潜らずに、2人1セットになって一緒にダイビングをすることになります。

・・・つづきはこちら

映画でも話題になったクマノミ(カクレクマノミ)は、スキューバダイビングをすることによって近くで見られるかもしれません。ダイビングは、非日常な雰囲気を堪能することが可能です。

・・・つづきはこちら

無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP