• HOME > コラム > ダイビングのライセンスは泳げなくても取れる!?

ダイビングのライセンスは泳げなくても取れる!?

ダイビングは泳げなくてもできるが…

 

ダイビングは泳げなくてもできるが…

ライセンスを取得できるか否かという点においては、否、という他ありません。
泳げないレベルにもよりますが、基本的にライセンスを取得する=ダイビング中にもしものことがあっても自力で生還することができるということ。
全く泳げない人に、トラブルに見舞われても生きろ、と言ったところで土台無理な話です。
やはり、ライセンスを取得するには泳げなければいけないということになります。

ダイビングは泳げなくてもできるが…

ただし、ダイビングがしたいというだけならば全く泳げなくても可能です。
インストラクターが手取り足取りサポートしてくれて、装備もしっかり整えられた上でのダイビングなら問題ありません。
そして、ライセンスを取得するには講習を受ける必要がありますが、全く泳げない人でもこの条件を満たしていれば申し込むことは可能です。
つまり、今は泳げなくても講習が終わるまでに泳げるようになってしまえばOKということです!

 

Cカードを取得するための講習とは

 

Cカードを取得するための講習とは

ダイビングのライセンスは、Cカードと呼ばれる認定証のことを指します。
Cカードは、「この人はダイビングに必要な知識を持ってます」という証のようなもの。
法律で決められているわけではありませんが、これがないとダイビングツアーや器材のレンタルを拒否されますのでダイバーには必要不可欠です。
(逆に言えば、なくてもOKなダイビングショップは少々疑わしいです…。)
Cカードを発行しているのはいくつかの団体があります。
有名なところではPADI(パディ)やNAUI(ナウイ)などです。
団体によって最低限必要な泳力は変わってきますが、いずれにしてもプールでの講習はクリアしなければなりません。
泳げない人や泳ぎに自信のない人は、プール講習で泳ぎの上手な先生に指導を仰ぐことをお勧めします。
講習ではもちろん海にも出ますから、泳げない不安を取り除いておいた方が講習にも集中できることでしょう。

 

泳力は鍛えておいて損はない

 

泳力は鍛えておいて損はない

泳ぎが苦手な人でもライセンス取得のための講習は早くて4日程度で終わらせることもできます。
全く泳げなくてもそのわずかな日数で泳げるようになり、無事にCカードを取得した人も少なくありません。
しかし、実際に海でダイビングするときになっても、まだ泳ぎに苦手意識があるとなれば、どうしても不安は付きまといます。
完璧に泳げるまでダイビングをしてはいけない、というわけではありませんが、いざというときは泳いで帰れる余裕を持って潜ったほうが、より一層ダイビングは楽しくなるはずです。
ダイビングのライセンスは泳げなくても取れますが、泳ぎの心配をするよりも「この機会に泳ぎをマスターしてやる!」といった意気込みを持って挑むほうがずっと有意義でしょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP