ダイビング前の日焼け防止対策

海の日焼けは侮れない

 

海の日焼けは侮れない

日焼け止めを日常的に使用している女性は多いですが、海においては男性も日焼け止めの必要性について考えなければなりません。
ダイビングは海中に潜るし、つけてもすぐに流れるから意味がないのでは?と思いがちですが、それは大きな間違いです。
ダイビングでは水に潜っていない時間もたくさんありますし、海の中であっても紫外線は届いていますので、ダイビング前の日焼け対策は必須なのです。
肌を焼きたいからといって何も塗らずにダイビングをすると、軽度のやけどを負ったような炎症を起こしかねない危険もあります。
もっとひどい場合は、本物のやけどのような水ぶくれができることもあります。
日本国内では問題がなかったという人でも、海外は紫外線の量が大きく違うこともあるため、直射日光に対して油断すべきではありません。

 

日焼けを防止して肌を守ろう

 

日焼けを防止して肌を守ろう

日焼け止め剤は、最も手軽で重要度の高い日焼け防止アイテムです。
ただし、大量に塗ると滑ってマスクが外れてしまうこともあるため、使用量には注意が必要です。
マスクに日焼け止めがつくと曇りの原因になるので、もし表面に付着してしまったときは中性洗剤などで洗い流してください。
日焼け止めは、海に生きる生き物にとって悪影響となる成分を含んでいるものも多いため、水に強いウォータープルーフタイプの製品を選ぶと良いでしょう。
それでも海に入れば日焼け止めは落ちてしまうので、海から上がるたびに小まめに塗り直すことが大切です。
塗り直す時には一度真水で肌を洗い、水分を完全に拭き取ってから塗るのもポイントです。
また、ダイビングポイントを移動するときは、帽子や上着を着用しましょう。
紫外線で目を傷めることもあるので、サングラスもぜひほしいものです。
ウェットスーツの中に着用する日焼け防止用のインナーを活用するのもおすすめです。
もし日焼けをしてしまったら、早めに対策を取ることで症状を軽くすることができます。
保湿効果や冷却効果のある化粧水(カーマインローション)などを塗り、冷たいタオルでしっかりと冷やします。
また、水分補給を十分にすることも、日焼け後の肌対策として欠かせません。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP