ダイビング前の健康チェック

ダイビングは健康な体があってこそ

 

ダイビングは健康な体があってこそ

ダイビングは海の中で行われるスポーツですから、日常生活を送る上では問題のない健康状態だったとしても、ちょっとした不調が思わぬトラブルを招く可能性もあります。
ダイビング前に、自分の健康状態が良好か否か、今一度チェックしましょう。
これは楽しくダイビングをするため、また周囲に迷惑をかけないために絶対に必要なことです。
高熱や痛みがあれば、さすがに自分で体が思うようにならない状態なので、中止もやむを得ないと判断できるでしょう。
加えて、特殊な治療を要する入院や大きな手術を過去に経験した人は、現在の健康状態が良好であったとしてもダイビングは勧められません。
特にダイビングは酸素が十分に得られない環境下で行われるため、循環器系や呼吸器系に疾患がある場合は危険です。
軽度の場合は医師が許可することもありますが、ダイビングに詳しい医師であるほど慎重になる傾向があるようです。
優良なダイビングショップでは、ダイビングに参加する際に健康チェックを用意していることがほとんどですが、自分は大丈夫と軽視したり、体調を偽って良好と申告する人もいます。
病歴の報告を怠ってしまったがためのダイビング中の事故は、残念ながら少なくありません。
ダイビングはあくまで娯楽なのですから、安全な範囲で楽しむようにしましょう。

 

健康チェックで聞かれる項目とは?

 

健康チェックで聞かれる項目とは?

具体的に、ダイビングショップが行う健康チェックにはどんな項目があるのでしょうか。
まず妊娠中の女性は流産の可能性や、母体に減圧症が発症する可能性が考えられるため、妊娠の有無は必ず問われます。
ダイビングの前日あるいは当日に、飲酒や運動能力・精神面に影響する薬を服用した場合も申告しましょう。
当日の風邪や発熱などの体調不良がある場合はもちろんNGです。
前述のように、呼吸器系、循環器系の疾患や障害の他、耳鼻咽喉系、てんかんなどの持病の有無も正しく報告してください。
さらに、閉所恐怖症やパニック障害などの精神内科系の病歴も問われます。
病状によっては医師の診断書がなければダイビングができない場合もあります。
健康状態に不安がある人は、かかりつけの医師に診断書を書いてもらいましょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP