• HOME > コラム > グアムのおすすめダイビングスポット

ダイビングはメイクしたままでOK?

ダイビングはメイクNGが原則!

 

ダイビングはメイクNGが原則!

女性なら誰しもが美しくありたいと思うもの。
それは水中においても変わりません。
しかし、ダイビングはメイクをしないで行うのが原則です。
たとえ、きれいにメイクして海に入ったとしても、水中でいれば落ちてしまいます。
そもそもメイクは水に濡れることを想定して作られていません。
ウォータープルーフタイプのものや汗に強いと謳った商品も多数ありますが、それらは日常生活における水に対して強いというだけであり、ダイビングのように長時間水に潜っていると落ちてしまいます。
また、洗顔時に鏡を見ながらクレンジングなどを使用してメイクを落とすのとは異なり、ダイビング中に自然に落ちたメイクというのは、あまりキレイなものではありません。
また、ダイビングにメイクがNGとされている理由は、メイクをしても意味がないからという理由だけではなく、安全とマナーの問題も含まれているのです。

 

ノーメイクで気持ちよくダイビングを楽しもう

 

ノーメイクで気持ちよくダイビングを楽しもう

メイクをしたままダイビングを行うと、メイクが水に溶け出します。
それが海に溶けるならまだ良いのですが、もしマスクの中で溶けたメイクが目に入ってしまえば視界が悪くなってしまいます。
ダイビングにおいて目視による安全確認は欠かせませんから、良好な視界を保つ意味でもメイクは控えましょう。
また、化粧品の成分が海に流れると思おうと、環境保護の面から考えてもおすすめできません。
さらに、ダイビングは機材をレンタルして楽しんでいる人が多いです。
しかし、メイクをしたままレンタルしたマスクを装着すると、マスクに化粧品が付着してしまいます。
化粧品が付いたマスクは普通にクリーニングしても落ちないこともあり、返却後にお店の人が困ってしまいます。
このように、安全やマナーの面からもメイクをしっかりと落としたうえで行いましょう。
メイクを気にしてダイビングを楽しめない女性よりも、気にせずに思い切り楽しんでいる女性のほうが、きっと輝いて美しく見えるのではないでしょうか。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP