• HOME > コラム > 視力が悪くてもダイビングはできる?

視力が悪くてもダイビングはできる?

視力が悪いとダイビングできない?

 

視力が悪いとダイビングできない?

結論から言えば、視力が悪くてもダイビングをすることは可能です。
ダイビングではマスクを装着しますが、このマスクには陸上と同じように度を入れることも可能ですから、メガネやコンタクトを付けないと全く見えないような人でも、度入りのマスクなら問題ありません。
さらに面白いことに、水中のほうが陸上よりも良く見えると感じる人がたくさんいます。
これは光の屈折率の違いによるもので、水中のほうが陸上よりも物が大きく・近く見えてしまう現象が影響しています。
少し目が悪い程度の人なら水中では度がついていなくてもストレスは感じません。
反対に、陸上ではっきり見えるくらいの度が付いたマスクを装着してしまうと、水中では度がきつくなりすぎて目が疲れてしまいます。
水中で度を合わせることができれば最良ですが、それは難しいため「少し見えにくいかな?」という程度の度を選んだほうが良さそうです。
近視用のマスクは市販されていますが、遠視や乱視などはオーダーメイドとなり出来上がるまで時間がかかってしまいます。
近視以外のマスクを購入する際は、ダイビング予定日に余裕をもってオーダーするようにしましょう。

 

コンタクトレンズを付けたままのダイビングはNG?

 

コンタクトレンズを付けたままのダイビングはNG?

視力が悪い人の多くが愛用しているコンタクトですが、ダイビングをする前後でいちいち外す行為を手間に感じる人も少なくありません。
しかし、コンタクトを装着したままダイビングをすると、マスクの中に水が入ってきてレンズが流されてしまい、急に視界が奪われたためにパニック状態に陥ってしまう危険性があります。
ソフトタイプのレンズはハードタイプのレンズよりも流されにくく、使い捨てのものも販売されているため、ソフトタイプのレンズで潜る人もいますが、それでもやはりおすすめはできません。
海水によってコンタクトが変形したり、コンタクトの位置がずれて、角膜を傷つける危険性があるとも言われているからです。
問題ないとする説もあるので絶対に危険な行為だと断定することはできませんが、コンタクトレンズを使用する際は自己責任で装着しましょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP