• HOME > コラム > ダイビング講習はビキニでもOK?

ダイビング講習はビキニでもOK?

ウェットスーツスーツの中に着るものは?

 

ウェットスーツスーツの中に着るものは?

ダイビングをするときはウェットスーツを着用します。
当然ながらリゾート地で着るような水着だけでダイビングをすることはありません。
ウェットスーツはダイビング講習に行けばレンタルすることもできますので、自分で用意をしなくても問題ありません。
ただし、ウェットスーツは何もつけていない状態で着るものではなく、水着を着用した上に着用するものであり、その水着は自分で用意する必要があります。
ウェットスーツの中に着る水着は基本的にどんなタイプの水着でも問題ありません。
実際にビキニを着ている人もたくさんいます。
しかし、ビキニの上に直接ウェットスーツを着用してしまうと、ウェットスーツを脱ぐときに誤ってビキニも一緒に脱げてしまう可能性も少なからずあります。
その対策として、ビキニを着用する女性の多くが水着の上からウェットスーツ用のインナーを着用し、その上にウェットスーツを着ているようです。
肌の露出が多いビキニは寒さの影響も受けやすいですが、インナーを着ていれば防寒にもなります。
ダイビング講習にはビキニで問題ありませんが、実際にダイビングを行うときにはインナーの着用がおすすめです。

 

水着を選ぶときに気を付けておきたい点

 

水着を選ぶときに気を付けておきたい点

ビキニはインナーを着ることを前提とすると、ダイビングに適している水着と言えます。
上下にセパレートされている水着は着脱しやすく用も足しやすいでしょう。
反対に、ワンピースタイプの水着でインナーを着用してしまうと、用を足す際に上下すべて脱がなければいけないため少し面倒です。
ワンピースタイプの水着を使用するときはインナーを着用しない時期に限定したほうが良いかもしれません。
また、ホルターネックタイプのビキニは後ろに結び目が来るためウェットスーツに隙間ができて保温力が低下してしまいます。
紐で結ぶタイプはウェットスーツの着脱でほどける可能性もありますので避けたほうが無難です。
大きな飾りはウェットスーツに引っかかったり、着用後圧迫されて痛くなったりする恐れもあるためシンプルなものを選びましょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP