• HOME > コラム > ダイビングライセンスを取得するのにかかる期間は?

ダイビングライセンスを取得するのにかかる期間は?

いくつかあるライセンスの種類

 

いくつかあるライセンスの種類

ダイビングを行っていく上で、必要なのがライセンスです。
その中で一般的に多くの人に知られているのが、Cカードと呼ばれるもので、世界共通のライセンスです。
Cカードというのは、レジャーダイビングをすることができるレベルの知識と技能があるという認定書みたいなもので、免許というわけではなく、そのレベルに達しているということを証明するもののため、協会によってライセンスは異なります。
Cカード以外にも、カードに種類があるというのを知らない人が多いでしょう。
ダイビングのレベルに応じた複数のカードがあり、段階によってインストラクターの認定の証になるカードなども存在しています。
それぞれ基準となるレベルがありますが、認定の基準などが違うので、少し複雑に感じるかもしれません。
いずれにしても、まずダイビングのライセンスを取得するとなると、Cカードの取得から目指してみると良いでしょう。

 

ライセンスを取得までの日数

 

ライセンスを取得までの日数

ライセンスを取得する上で気になるのが、取得にかかるまでの日数でしょう。
取得するには大まかに分けて、二つのパターンが存在します。
まず、自分が住んでいる地域にあるダイビングショップに通って取得する方法と、ダイビングすることができる現地の海にあるダイビングサービスなどを利用して取得をする方法の二つです。
一般的に挙げられる水深18mまで潜ることができるCカードの場合は、3日から4日間くらいの期間で取ることができます。
また、10歳以上なら取得できる12mまで潜れるライセンス場合は、期間がさらに短くなり2日から3日間という期間で取得が可能です。
ライセンスを取得するには、学科講習と実技を受けなければいけません。
学科講習の場合は取得までの期間に、5時間から6時間程度といわれています。
また、実技では実際に海に入るほかに、プールでの講習も受けなければいけません。
プールでの講習は、取得期間中の1日程度をかけて行われることも知っておいたほうがいいでしょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP