ダイビング前の食事について

食事には気を付けなければいけない?

 

食事には気を付けなければいけない?

激しい運動をするときなども食事には気を付けなければいけませんが、ダイビングも海の中に潜るため、自分で思っている以上に体力を消費します。
そこで気になるのが食事です。
ダイビング直前は食事を抜いておくべきなのか、しっかりと食べるのか、がっつり食べて良いのか、など疑問を持っている方も多いでしょう。
空腹の状態で海に潜ってしまうと、具合が悪くなることがあるので、空腹の状態でのダイビングは避けるようにしましょう。
だからといって、お腹いっぱい食べてよいという訳ではありません。
海の中に潜ると、水圧というのが身体にかかってしまいます。
満腹の状態で水圧がかかってしまうと、身体の内部である肺や心臓を圧迫してしまうことがありますし、そのままの状態が続いていくと、血流が悪くなったり酸素の循環が滞ることもあるので、食べすぎないように意識して、腹八分目程度の食事に抑えるように意識しておきましょう。

 

アルコールにも注意しましょう

 

アルコールにも注意しましょう

食事と言えばダイビングに関して似たようなことで注意すべき点があります。
それが、アルコールです。
毎日飲んでいるという方もいらっしゃるかもしれませんが、ダイビング前日に飲みすぎてしまい、二日酔い状態で海に潜ってしまうと、耳抜きがしづらくなってしまったり、体調不良によって判断能力が低下してしまったりするといった、危険性も考えられます。
そんな状態で海に潜ってしまうというのは、水中での事故を引き起こす原因にもなってしま宇野で、要注意です。
そういったことを防ぐためにも、ダイビングをする前日はアルコールの摂取などは避けて、二日酔いを予防しておきましょう。
二日酔いの状態だと、ダイビング自体を主催者側から安全面を考えて、断られてしまうということもあります。
安全に海に潜るためには、安全性を確保できるだけの身体のコンディションというのも大切です。
ダイビングをする日には、身体が万全の状態で楽しめるように、身体についてしっかりと管理をしていかなければいけません。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP