生理中でもダイビングできる?

ダイビングの時に生理中って大丈夫?

 

ダイビングの時に生理中って大丈夫?

女性であれば、一般的に月に1回訪れる生理ですが、水の中に入るダイビングとなると、入ってよいのか悩んでしまうという女性が多いはずです。
期間中は出血を伴うので、出血をしているのに海に入るということは、難しく感じるでしょう。
しかし、結果から言うと期間中に海にダイビングをするということ自体は、問題ありません。
正しい使い方でタンポンを利用しておけば、出血がスーツの外に漏れるということもほとんどないので、安心してください。
また、着用するウェットスーツの種類を選ぶことができるというのであれば、ドライスーツと呼ばれるスーツを着用すれば、スーツの中に水が入り込むということもないので、通常の生理時と同じようにナプキンを着用して海に入ることも可能です。
ウェットスーツと呼ばれる種類のものですと、水によって濡れてしまうタイプになっているので、ナプキンを着用して潜ることはおすすめできません。
また、ダイビングを楽しむことはできますが、注意すべき点もあるので、女性の方はその点を把握しておくと安心でしょう。

 

生理中のダイビングの注意点

 

生理中のダイビングの注意点

ダイビングをする日が生理中という場合は、海に入る際に気を付けるべき点があるので、チェックしておきましょう。
まず、期間中は女性の身体は冷えやすい状態になっています。
海水というのは体温よりも温度が低いのが一般的なので長時間海に入っていると体温が下がりすぎて体調を崩す可能性もあるので要注意です。
できるだけ長時間、海に入るというのは避けた方が良いでしょう。
次に、ダイビングをするためにタンポンを使用して海に入る女性もいますが、長時間同じタンポンを使っているというのは非常に不衛生ですし、トキシショック症候群と呼ばれるものの原因になってしまうこともあるので、注意してください。
長時間は水に浸からず、陸に上がるごとに、こまめにタンポンを取り換えるこをおすすめします。
また、タンポンを取り換えるためにも事前に一番近いトイレの場所も確認しておきましょう。
最後に、生理期間中の女性の身体は、いつもより体調不良を起こしやすくなりがちです。
少しでも身体に異変を感じた時には、長時間入らずに、すぐに中断をして安全性を保ちましょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP