• HOME > コラム > 初心者はダイビング中に写真を撮ることが出来ない?

初心者はダイビング中に写真を撮ることが出来ない?

ダイビング初心者の写真撮影

 

ダイビング初心者の写真撮影

ダイビング初心者は、スキルが低いため水中での写真撮影はNG、という話を耳にしたことがある人も多いでしょう。
まことしやかに囁かれている話ですが、これは個人差があるので、なんともいえません。
実際に、ダイビング初心者でも、すぐに写真撮影にトライするような方もいますし、いつまで経っても写真撮影できないような方もいます。
では、現実的にダイビング初心者は、いつ頃から写真撮影できるのかということですが、基本的にCカードを取得して、本人が写真撮影をしたいと思えばいつからでもできます。
特に、いつからという決まりやルールがあるわけではありません。
「その気になればいつからでもできる」というのが答えです。
ただ、あまりにもスキルが低いダイビング初心者だと、海中で注意力散漫になり、危険な目に遭ってしまう可能性もありますから、自身のスキルと相談することは忘れないようにしましょう。

 

初心者におすすめのカメラ

 

初心者におすすめのカメラ

ダイビング初心者でも、その気になればいつからでも水中写真撮影は可能です。
水中で写真を撮影するためには、カメラ本体とハウジングと呼ばれる箱が必要となり、カメラに対応するハウジングさえあれば問題ありません。
あまりにもカメラのタイプが古いと、ハウジングが販売されていない可能性がありますから注意しましょう。
また、一眼レフ用のハウジングは非常に高価ですから、ダイビングの初心者向きとはいえません。
スキューバ経験の少ない方は、たとえ一眼レフを持っていたとしても、コンパクトタイプのデジタルカメラで撮ることをおススメします。
せっかく一眼レフとハウジングを持ち込んでも、潜る経験が少ないと、水没させてしまう恐れがありますし、何よりハウジングにかかる初期投資額が大きすぎます。
コンパクトデジタルカメラだと、ハウジングまで揃えても数万円程度ですから、スキューバの経験が少ない方にもピッタリといえるでしょう。
いつから一眼レフを使えるのかということですが、これにも特に決まりはありませんから、撮影と潜水のスキルが上がったらいつでも大丈夫です。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP