フィンキックのポイントとは?

フィンキック成功のカギ

 

フィンキック成功のカギ

ダイビングでは、フィンキックと呼ばれる方法を用いて水中を移動します。
このフィンキックができないとダイビングを楽しむことができませんし、何よりダイビング中に自らを危険にさらしてしまうこともあるのです。
正しいフィンキックを身につけることがダイビングを楽しむうえでも、安全性を高めるうえでも重要なのですが、なかなかフィンキックができない、という初心者ダイバーも少なくありません。
正しいフィンキックで泳ぐために必要なポイントはいくつかありますが、一つには中性浮力をきちんと使うということです。
中性浮力がとれていないと、無駄にキックを利用することになりますし、エアを無駄に消費してしまうことにも繋がってしまいます。
成功のカギは、中性浮力が握っているといっても過言ではありませんから、まずは、それがきちんととれているかどうかがポイントです。

 

正しいフィンキックのポイント

 

中性浮力マスターのコツ

ダイビングでの正しいフィンキックのポイントですが、体を水平にした状態から片脚を曲げながら上げていきます。
この時に、足首に力を入れてしまう方がいますが、足首に力が入っていると上手にキックできないので注意してください。
足首の力は抜いて、柔らかい状態にしておくことが成功のポイントとなります。
意識的に足首の力を抜き、その状態で足を振り下ろしていきますが、反対側の足も同じように、足首の力を抜いてキックに備えましょう。
フィンのブレードが、きちんと水をかいているかどうかを意識しながら足を伸ばしていくのもポイントです。
上級者向きのキックだと足を振り下ろす位置を高くしてダッシュをつけますが、これは上級ダイバー向きですから、初級ダイバーには向いていません。
まだキックの感覚が掴めない、上手にキックできない、という方は足首の力を抜いてゆっくりとキックしてみましょう。
また、脚力にマッチしたフィンを選ぶということもポイントとなりますから、覚えておいてください。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP