• HOME > コラム > ダイビング中の空気を節約するためのポイント

ダイビング中の空気を節約するためのポイント

正しい呼吸法を身につけよう

 

正しい呼吸法を身につけよう

空気の消費量を節約する一番早い方法が、正しい呼吸方法を身につけるということです。
しかし、特別な呼吸方法が必要になるわけではなく、講習で説明されるような呼吸方法さえ身につけておけば、消費量を抑えることができるでしょう。
基本は、大きくゆっくりとした呼吸で、息を全て吐き切ることに重点を置くことが大切です。
呼吸方法は身につけているつもりでも、なぜか空気の消費量が早いという人は、肺を上手に使えていないというケースが多く見られます。
腹式呼吸をイメージして、肺の奥の方まで空気がいきわたるイメージで息を吸いましょう。
反対に息を吐くときは、横隔膜を押し上げるイメージを持って、肺からすべての息を吐き出します。
正しい呼吸方法ができていれば、一度呼吸をしただけで、酸素を豊富に体内に取り入れることができるはずです。
酸素を豊富に取り入れることができれば、多くの二酸化炭素を排出させることができます。
呼吸の回数が増えるほど、無駄に消費してしまうということになるので、深くゆっくりとした呼吸を意識するようにしましょう。
 

無駄な動きを減らしてリラックスしましょう

 

無駄な動きを減らしてリラックスしましょう

海に潜っている最中に無駄な動きをしてしまうと、その分だけボンベの消費量が速くなります。
たとえのんびりとした動きで楽しんでいるつもりでも、無駄な動きというのはたくさん生まれるものです。
水中でバランスを崩すだけでも、息は上がってしまうものです。
泳ぎ出しをスムーズにして、上手に止まることが出来ない場合には、他のダイバーよりも無駄な動きが多くなるため、それだけ消費することにつながります。
水中でのバランスの取り方や動き方を落ち着いたものにすることが重要になるでしょう。
うまくバランスをとって、動きを落ち着かせるためには、まずは自分がリラックスをしてダイビングをすることが大切です。
焦ってしまい、不安な気持ちがあると、落ち着いた呼吸や動きができなくなってしまいます。
まずはダイビングに対する不安をなくし、リラックスした状態で潜れるように練習を重ねましょう。
そもそもダイビングは、メンタルが重要なスポーツでもあります。
どんな場面に遭遇しても、焦らず落ち着いて行動できるようにすることがポイントです。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP