• HOME > コラム > ダイビングとシュノーケリングの違いと魅力

ダイビングとシュノーケリングの違いと魅力

シュノーケリングの魅力は?

 

シュノーケリングの魅力は?

シュノーケリングの魅力は、いくつかあります。
シュノーケリングは砂浜近くの浅瀬で、簡単に楽しむことができる点をまず挙げられるでしょう。
危険が少ない海洋まで船に乗って行き、魚が沢山いるポイントでシュノーケリングを楽しめるツアーもあります。
そして、なんといってもシュノーケリングは、ライセンスなしで楽しめることが魅力です。
専用のメガネと、空気を取り込む専用の簡易的な筒状のパイプの道具だけでお手軽に出来ます。
昔の忍者が水遁の術を使い、竹などの道具を海面の上に突き出していましたが、イメージはそのような感じです。
空気を取り込む、パイプのような道具を海水面の下まで潜らせないように使用します。
場合によっては、魚のヒレのようなフィンを使うと泳ぎやすいでしょう。
浅瀬でも魚が沢山いるところもあるので、シュノーケルでも十分魚と触れ合うことが出来ます。
また、道具のレンタルもありますが、自分で道具を揃えてもダイビングほど費用が掛からないところも魅力のひとつです。
子どもと波打ち際で楽しみたい方は、危険度も少ないのでシュノーケリングをするといいでしょう。

 

ダイビングはライセンスが必要

 

ダイビングはライセンスが必要

体験ダイビングの場合は、ライセンスは必要ありません。
しかし、体験ダイビングは水深があまり深くない場所で短時間楽しめるものなので、本当に「体験」といったものです。
空気を送り込むボンベを背負い、空気を吸う器具を装着します。
勝手に空気が送り込まれる仕組みになっていますので、慣れるにはコツが必要です。
ダイビングは服装も、水着の上に自分の身体を保護してくれるボディスーツを着ます。
そして、泳ぎやすいように足にフィンをつけて、水中メガネも装備しますが、体験ダイビングで水の中に潜る場合でも、この装備はしなくてはいけません。
もっと、本格的に楽しみたい方は、やはりライセンスを取得した方がいいでしょう。
シュノーケルと異なり、広い範囲で遊泳を楽しめるのが魅力です。
ライセンスを取得するのに時間と費用は掛かりますが、その先には今まで写真や映像でしか見たことがない、素晴らしい世界が待っています。
水深も深い所まで潜ることが出来るので、非日常の別世界が眼下に広がり、浅瀬では見ることができない魚などを見ることも可能です。
そして、ダイビングはレベル別や地域別に、様々なツアーが用意されています。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP