• HOME > コラム > ダイビングって年齢制限はあるの?

ダイビングって年齢制限はあるの?

資格取得ができる年齢について

 

資格取得ができる年齢について

ダイビングをこれから始めようと思ったら、きちんと資格も持っておきたいと考えるのではないでしょうか。
ダイビングの教育機関PADIの場合、下限の歳は10歳でCカードの取得が可能です。
ただし、いきなり大人と同様の扱いになるのではありません。
成長途上の子どもの体のことを考えて「ジュニア・ダイバー」という認定になります。
講習の時の最大深度が10~11歳は12ミリ、12~14歳でも18mというように、制限も設けられているので、楽しむ時には安全を第一に考えて、家族皆で参加するとよいでしょう。
資格取得ではなく、体験で楽しんでみたい場合でも、年齢は10歳以上と同じなので、まずは体験からはじめてみて本格的に取得するのもおススメです。
8~9歳はバブルメーカーと推進2mのプールを使って、水中で呼吸するというアクティビティにチャレンジするというかたちになります。
各レベルにあった様々なプログラムがあるので、どんな内容に参加したいのかじっくり比較して海での思い出作りを楽しんできてください。
 

年齢制限の上限は?

 

年齢制限の上限は?

下限年齢が設定されているのなら、上限は何歳になるのか気になることでしょう。
実は上限は設定されていないので、体が元気で安全に配慮できるのであれば、いくつになっても海で楽しい時間を過ごせます。
有名な方だと、なんと100歳を過ぎてもダイビングを楽しんでいたという例もあるほどです。
しかし、若い世代とはまた別に年齢を経ていくと、体力的にも衰えてくるものの、それを認められずに、がむしゃらに無茶をする方もいるのは否めません。
45歳以上の場合だと、Cカード取得時に提出しなくてはいけない病歴などの診断書も必要です。
それだけでなく、喫煙している方や、家族に脳卒中、心臓発作等の病歴がある場合やコレステロール値が高い、病気の治療中などという場合は事前に医師に相談をして、ダイビングを行ってもいいのかどうかを確認しなくてはいけません。
どんな年でも、安全かつ健康な状態で楽しむ事を忘れないようにしましょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP