• HOME > コラム > ダイビング中、万が一漂流してしまった時にやるべきこと

ダイビング中、万が一漂流してしまった時にやるべきこと

発見の可能性を高くし体力を確保するために

 

発見の可能性を高くし体力を確保するために

ダイビング中、万が一漂流してしまった時、まずは発見の可能性を高くするということが大切です。
そのため、バラバラにならず、複数人で固まっていることで、特に空からの捜索をしやすくすることができます。
さらに、エマージェンシーグッズもシェアすることができるということも利点の一つです。
また、道具だけではなく、知識があるガイドやベテランのダイバーなどがいれば、見つかりやすい方法や、疲労を軽減するための方法などを実践できるでしょう。
また、漂流したらメンタル面も大切となります。
メンタル面にも効果があるため、離れないようにすることがまずは大切です。
体力を維持するために、器材を捨てるという選択肢も必要となります。
状況に応じて、何を捨てて、何を残すかということも重要です。
ウェイトベルトは重くなり、体力を奪ってしまうため、捨てるべきものですが、BCDは浮力確保をするために捨ててはいけません。
マスクやスノーケル、フィンやスーツなどは必需品ですが、レギュレーターとタンクは大きくかさばるため、判断が分かれますが、波がある場合には呼吸に役立つため必要です。

 

判断とエマージェンシーグッズと備えについて

 

判断とエマージェンシーグッズと備えについて

ダイビングボートが見つけてくれる可能性を信じて待つか、岸に向かって泳ぐかという判断も必要です。
状況的に、陸地までの距離と流れの速さや向きなどを考慮し、到達できる可能性が高い場合に決断する必要があります。
海域に熟知した人がいる場合でなければ、この判断をすることは難しく、一人でこの判断を実行するのはリスクが高いでしょう。
ダイビングで海に流されているときに、有効な手段として、エマージェンシーグッズを使うということも大切ですが、持っているだけでは使えないため、一度使って使用法を確認しておくことが大切です。
まず、シグナルフロートやシグナルミラーは視覚的に発見の確率を高め、ホイッスルも音で発見の確率を高めることができます。
ダイビング中には保温性の高いタイプのボディスーツを着ておくことも、万が一漂流した時の体力維持に役に立つので重要です。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP