• HOME > コラム > ダイビング中、トイレに行きたくなった場合は?

ダイビング中、トイレに行きたくなった場合は?

ダイビングの潜降のコツ

 

ダイビングの潜降のコツ

ダイビングには、フリー潜降と呼ばれるものがありますが、フリー潜降とはアンカーロープなどを使用せずに、水の中に降りていく方法です。
ダイビング上級者だと、フリー潜降を実践している方は多いですし、上級ダイバーにとって、このフリー潜降ができるのは常識ともいえます。
潜航が上手にできないという悩みを持っている方も多いようですが、うまく潜降ができないのはBCDの空気が抜き切れていないことが、まず挙げられるでしょう。
BCDの排気がきちんとできていないと空気が残っていますから、これが原因で潜航がうまくいかないことも多いです。
BCDをしっかりと排気して、空気が残っていない状態なら潜航しやすくなるはずですから試してみてください。
BCDの中の空気が、どのように動いているかを、きちんとイメージすることと、左肩のバルブにBCDの空気を集めてあげることが成功のコツです。

 

基本の姿勢をマスターする

 

基本の姿勢をマスターする

どのようなスポーツにおいても、基本は非常に重要です。
これはダイビングでも同じことがいえますが、ダイビングこそ基礎が大切といえるでしょう。
特に、ビギナーダイバーで潜降が上手にできない、という方はダイビングの基礎姿勢がきちんとマスターできていない可能性があります。
まずは、コツ云々の前に基礎の姿勢をとることができているかどうかを、チェックすることです。
ダイビングの基本姿勢ですが、王道のスタイルとしては、足を下にした状態で水面に顔だけを出します。
その姿勢のまま、足から潜っていくのが、フィートファーストと呼ばれる潜り方です。
パワーインフレーターホースを左手で持ち、BCD内の空気もしっかりと抜いておきましょう。
しっかりとBCDの排気ができ、息をきちんと吐くことができれば、自然と体は水中に潜っていけるでしょう。
基本の姿勢をマスターすることと、しっかりBCDの排気をすることが、最大のコツとなりますから覚えておいてください。
コツさえ掴めば、難しいことではありません。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP