• HOME > コラム > ダイビング中に砂を巻き上げないようにする理由とメリット

ダイビング中に砂を巻き上げないようにする理由とメリット

ダイビングのライセンスの種類

 

ダイビングのライセンスの種類

今後ダイビングを、ずっと続けていこうと思うとライセンスが必要になります。
ダイビングのライセンスは、様々な種類とランクがあります。
ダイビングのライセンスを発行している会社や団体は4つあります。
パディジャパンは世界最大のダイビング指導団体、ナウイジャパンは世界2番目の大手ダイビング指導団体、スクーバスクールインターナショナルは、世界的教育支援組織、クマスシーマスは、中に複数の指導団体があります。
ダイビングライセンスのランクはトレーニングのレベルによって分けられます。
また、指導団体によってランク名が異なります。
ランクは初心者からプロ向けのコースがあり、順番に取得しなければいけません。
 

ライセンスのランク

 

基本の姿勢をマスターする

パディスクーバダイバーは時間がない人、簡単に取得したい人向けのコースです。
取得すると、インストラクターが同行する事を条件に、再材深度12メートルまでのダイビングが可能になります。
体験ダイビングと変わらないため、ダイビングを始める人は、オープンウォーターダイバーの取得から始めることをおすすめします。
基礎や危険性、水中環境などの知識を身につき、取得後は最大深度18メートルまで潜ることが可能です。
オープンウォーターダイバー取得後、すぐに参加できるライセンスは、中級者向けのアドバンスオープンウォーターダイバーです。
取得後、最大深度30メートルまでダイビングが可能です。
ライセンスを持っていない人でも取得できるのはエマージェンシーファーストレスポンスです。
レスキューダイバーを取得したい人は、このライセンスが必要になります。
マスタースクーバダイバーは、アマチュアダイバーの最高峰のランクです。
スペシャリティーライセンスと呼ばれる5つのライセンスを取得すると認定されます。
プロ向けのライセンスはダイブマスター、アシスタントインストラクター、オープンウォーターインストラクターです。
取得後は、プロとしてダイビングショップで働くことができるようになります。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP