• HOME > コラム > ダイビング直後は飛行機に乗ってはいけない理由

ダイビング直後は飛行機に乗ってはいけない理由

スキューバダイビングの直後は飛行機に乗ってはダメ

 

スキューバダイビングの直後は飛行機に乗ってはダメ

ダイビング初心者の中に知らない人も多いルールの一つとして、ダイビング直後に飛行機に乗ってはいけないということです。
スキューバダイビングは海に潜るため、想像している以上の水圧がかかっています。
飛行機に乗ると、気圧の負担を受けることになり、ダイビング中や飛行機に乗っている時に耳に何らかの違和感が発生することがあります。
それは、水圧や気圧が影響していることからです。
そのためダイビング直後は、飛行機に乗ることはできません。
目安になる時間を挙げると、スキューバダイビングを一日、また、一度だけ行った際には、最低でも12時間以上あけてから飛行機に乗るようにしてください。
スキューバダイビングをした回数によっても、時間は変化します。
ダイビングについてのルールを知らない人も多いため、飛行機を使ってスキューバダイビングの目的地に行く際は気をつけましょう。
 

ダイビングと飛行機の関係について

 

ダイビングと飛行機の関係について

スキューバダイビングをした後は、一定時間飛行機に乗ってはいけません。
何回も海に潜った場合は、最後のダイビングから最低でも18時間は空けましょう。
理由は、スキューバダイビング直後に飛行機に乗ってしまうことで、窒素酔いや、減圧症になってしまう危険性が高まるためです。
以前に比べて、海の綺麗な海外にスキューバダイビング目的で訪れる人たちも増えています。
今後も楽しくダイビングをするために、スキューバダイビングをしてから一定時間は飛行機に乗らないようにしてください。
好きな趣味を楽しむために、スキューバダイビングを行ったにも関わらず、ルールを知らなかったために、リスクを犯してしまっては意味がありません。
しかし、反対に飛行機を乗った直後にダイビングするのは問題ないのです。
ダイビング後に慌ただしく帰宅するのではなく、楽しくダイビングをするために、余裕を持ってスケジュールを決めましょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP