お問い合わせはこちら
  • HOME > コラム > スキューバダイビングに欠かせないレギュレーターの使い方

スキューバダイビングに欠かせないレギュレーターの使い方

スキューバダイビングをするなら知っておくべき
レギュレーターについて

 

スキューバダイビングをするなら知っておくべきレギュレーターについて

素潜りできないような場所でも、スキューバダイビングなら、好きに潜ることができます。
それを可能にしているのは、背中に背負っているボンベに空気が入っているためです。
その空気をダイビングしている人が吸引することで、素潜りができないところでも、海の中を楽しむことができるのです。
そのために、レギュレーター(呼吸器)という器材が必要になります。
ボンベに入っている気圧のまま空気を吸うことはできないので、レギュレーターを使用します。
まず、マウスピースのようになっている方を上側にして咥えてください。
実際に、海の中に入る前に練習をすることが大事です。
空気の吸い方に、戸惑うこともあるでしょう。
普段は、地上で口だけではなく、鼻からも空気を吸っていますが、レギュレーターを使って吸うときには口からしか空気は吸うことができません。
 

ダイビングで欠かすことができない
レギュレーターの使い方について

 

ダイビングで欠かすことができないレギュレーターの使い方について

レギュレーターの使い方として、深呼吸をするということもコツとなるため、うまく吸えない場合は、行ってみましょう。
また、注意したい点として、途中で空気を吸ったり、吐いたりするのをやめてはいけないということです。
内臓などにダメージを与える可能性もあり、スキューバダイビングの際にはレギュレーターの使い方に注意してください。
スキューバダイビングを行っていると、ふとした拍子に口に咥えているものが、外れてしまうこともあります。
レギュレーターは、ダイビングをする際の命綱的な存在ですので、冷静に対処してください。
レギュレーターが外れてしまったら、レギュレーターがあるのは、通常右側です。
そのため、右腕でレギュレーターを探しましょう。
マスクをつけていると、視界が狭くなるため、外れてしまっても落ち着いて探すことが必要になります。
スキューバダイビングの経験がないと、中々レギュレーターの使い方を知ることはありませんが、ダイビングにおいてはなくてはならない存在だといえます。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP