• HOME > コラム > ダイビング中のハンドサインについて

ダイビング中のハンドサインについて

キューバダイビング不可欠な
ハンドサインについて

 

キューバダイビング不可欠なハンドサインについて

スキューバダイビングは海の中を潜って、非日常を満喫することができるアクティビティです。
ボンベの中に空気がありレギュレーターを使って吸うことができますが、地上とは何もかもが異なる状況なので、思いがけないトラブルに見舞われることもあります。
そんな時に地上であれば、言葉を使って伝えられますが、海の中ではインストラクターに言葉で伝えることは不可能です。
スキューバダイビングを安全に楽しむためにも、ハンドサインは欠かすことができません。
海の中で、お互いの状況を把握したり、コミュニケーションをとったりなど、とても重要な役割を担っています。
最も有名なハンドサインは、「パーをした状態で親指と人差し指で丸を作るサイン」となり、これは「OK」を表しています。
海の中に潜るとこのハンドサインは、頻繁に使うことになるでしょう。

 

ダイビング中のハンドサインのあれこれ

 

ダイビング中のハンドサインのあれこれ

「OK」以外にも、よく使用するハンドサインはあります。 何かトラブルがあって助けてほしい際などには、「片手を上下に激しく振る」ことで伝えます。
海に潜っていると、浮上することをインストラクターなどに伝達することもありますが、これは「グーの状態で親指を上に向けて立てる」と相手に浮上することを伝えることができます。
対して、潜降する際には浮上とは逆で、「グーの状態で親指を下に向けて立てる」と伝達できます。
他には、「寒さをアピールするサイン」、「異常があることを伝えるもの」、「耳抜きがきちんとできていない状況を示すサイン」などもあり、必要に応じて使い分けることになるでしょう。
スキューバダイビングを行うのであれば、ハンドサインは覚えなくてはいけません。
ハンドサインは、自分の安全を守るためにも大切なものです。
海の中はとても地上とは環境が異なるため、ダイビング中は危険がつきまとっています。
楽しくダイビングをするためにも、油断してはいけません。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP