• HOME > コラム > 体験ダイビングとライセンス取得の違いとは

体験ダイビングとライセンス取得の違いとは

体験ダイビングとは

 

体験ダイビングとは

ダイビングを始めたい人や、旅行時に体験ダイビングを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。
これからダイビングを楽しむのであれば、ライセンスを取得がおすすめです。
体験ダイビングと、ライセンスの違いについて知っておきましょう。
体験ダイビングは、ライセンスを取得しなくても、潜ることができるダイビングです。
体験ダイビングの前には、呼吸や耳抜きなどの基本的な講習を受けます。
潜る場所は、初心者でも安全に楽しむことができるように水深10m前後と、比較的浅い場所でしか潜ることができません。
沖縄では浅い場所でも綺麗なお魚を見ることができますが、もっと様々な生物を見たい、イルカと泳ぎたい場合は、ライセンスを取得しましょう。
 

ライセンスを取得すると

 

ライセンスを取得すると

ライセンスを取得し、ダイビングを楽しむことをファンダイビングと言います。
体験ダイビングとは違い、自由度が高く、海中で様々な行動を楽しむことができるのです。
ライセンスを習得すると深く潜る、海底を探検など楽しむことができるでしょう。
また、体験ダイビングとライセンスを取得してダイビングをするのとでは費用が異なります。
体験ダイビングを何度もするよりも、ライセンスを取得した方が費用を抑えることができるので、何度も潜りたい人はライセンスを取得し、ファンダイビングをしてみてはいかがでしょうか。
ライセンスを取得するためには、ダイビングスクールなどの指導団体の講習を受ける必要があります。
ライセンスは東京でも、海外でも取得することが可能です。
体験ダイビングは、手軽に楽しむことができるといったメリットがありますが、潜れる場所が限られていることが多く、別の日に潜るときには、講習を受け直さなければならないといった点がデメリットではないでしょうか。
一方、ライセンスは学科講習やプール実習、海での講習など手軽に受けることができませんが、ライセンスを取得してしまえば、どこの海でもダイビングを楽しめるといったメリットがあります。
ダイビングの楽しさは体験ダイビングよりもライセンスの取得後の方が楽しいと感じる人も多いです。


 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP