• HOME > コラム > ダイビングのCカードを取得するための学科とは?

ダイビングのCカードを取得するための学科とは?

Cカードを取得するために必要な学科について

 

ダイビングライセンスがあるとどんなメリットがある?

ダイビングライセンスのCカードを取得するために、講習を受けることになりますが、多くの人が技術面に関する部分に注目しています。
海に潜る際、様々な技術に関する事柄は重要ですが、学科的な知識も重要になってきます。
例えば、海の中の環境もしっかりと把握していないといくら技術力がすぐれていても、いざという時に困ります。
そして、ダイビングにおいて必須な機材に関する学科知識や潜水計画の立て方も重要な講義内容となるでしょう。
学科は潜水の際に役立つだけではなく、Cカードの取得をするために必須となります。
また、学科試験に合格しないとライセンスが発行されなく、実際の海における実習が受けられないケースもあります。
学科はおまけだと思っていると痛い目にあうので、可能な範囲で事前学習しておくことをおすすめします。
Cカードは公的なものではありませんが、自動車における免許証のような存在なので、ダイビングを楽しむ際には必須でしょう。

 

学科にも力を入れてCカードを取得しよう

 

気になるダイビングライセンスの取得によるメリットについて

ダイビングが好きで海に潜りたいと考えている人の多くが、海洋実習は楽しみにしているものの、学科学習は面倒だと考えています。
しかし、その考え方は非常に危険で、Cカードの取得ができないばかりか、知識不足によって悲惨な目に遭う可能性が高まってしまいます。
筆記試験が行われ、その段階で学科の内容をしっかり理解できているか試されますが、きちんと講習を聞いて勉強していれば問題はないでしょう。
物理学や化学、生理学に関する学科もあり、他にも、自身の健康管理に関する内容のものもあります。
学科を学んでいる段階は、それが必要な知識なのか疑問が湧くかもしれませんが、各コースで設けられている学科内容は必要だからこそ用意されています。
学科をしっかりと学んでおくとその後の実技講習でそのメリットを活かせます。
それぞれのコースによって求められる学科内容は違いますが、海に関する内容やダイビングに関する知識、機器に関するものなど様々です。


 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP