• HOME > コラム > ダイビングのライセンス取得できる年齢

ダイビングのライセンス取得できる年齢

子供の年齢制限

 

子供の年齢制限

家族でスキューバダイビングを楽しみたいという人もいるのではないでしょうか。
スキューバダイビングを始める際には、ライセンスを取得することが多いですが、年齢制限があるのか疑問を持つ人も少なくありません。
子供は何歳から、大人は何歳までライセンスが取得できるのか気になっている人も多いでしょう。
一般的に、ライセンスは10歳から取得することが可能です。
しかし、10〜15歳はジュニアダイバーというかたちでライセンスを取得することになるため、大人と同じように潜ることができる深度や条件が異なります。
例えば、10〜11歳までは水深12mまで潜ることができ、親や保護者と一緒に潜ることが条件です。
また、12〜14歳ではライセンスを取得している成人ダイバーと一緒であれば、水深18mや21mまで潜ることができます。
15歳になると、ジュニアダイバーから成人ダイバーのライセンスへ移行することができるため、大人と同じように潜ることが可能です。
10歳にならなければ、ダイビングが楽しめないというわけではありません。
水深2m未満であれば8歳からダイビングを楽しむことができます。
体験ダイビングでは水深6mや12mまで楽しむことができるため、ライセンスが取得できる年齢になるまで、浅い場所でダイビングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

年齢の上限について

 

インストラクターのライセンスを取得しよう

子供には年齢制限がありますが、大人は特に決まりはありません。
年齢の上限がないため、定年後の趣味としてライセンスを取得する人が多いです。
年齢には上限がありませんが、45歳以上になると医師の診断を受けなければならないケースがあります。
例えば、喫煙者、血圧やコレステロール値が高い人、家族の中に心臓発作や脳卒中の病歴者がいる場合です。
また、既に糖尿病や他の病気を持っている人も医師の診断が必要であるため、自分の体は大丈夫だと思っていても一度、医師に相談すると良いでしょう。
スキューバダイビングは、陸上とは異なり水中で体に異常が起きても声を出したり、体を休めることができません。
安全にスキューバダイビングを楽しむためにも、健康状態を把握して潜りましょう。


 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP