• HOME > コラム > ダイビングライセンスを取得するのに適した季節とは

ダイビングライセンスを取得するのに適した季節とは

ライセンスはどの季節に取得するべき?

 

気をつけたい減圧症

これからダイビングのライセンスを取得したいと考えいている人は、どの季節にライセンスを取得した方が良いか迷うものです。
季節によって、特徴が異なります。
例えば、春はダイビングのライセンスを取得する人が比較的少ないため、ゆったりと学科講習や実習に取り組めるでしょう。
しかし、ゴールデンウィークは人が増えるため注意してください。
また、海の生物が活発になり始める時期であるため、タイミングが良いとオスがカラフルな色に変化し、メスにアピールするお魚の求愛シーンが見れるかもしれません。
海が冷たいと感じることもありますが、春のうちにライセンスを取得し、夏にダイビングを思いっきり楽しむことができます。
夏は、季節の中でもダイビングを行う人が一番多いです。
気温も水温もダイビングをするのに最適です。
熱中症になりやすい季節でもあるため、体調管理や水分補給をこまめに行ってください。
しかし、希望した講習日が満員になることも少なくないため、できるだけ早い段階から申し込みをしておかなければなりません。

 

秋と冬も人気

 

秋と冬も人気

夏が最も水温があたたかいイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
水温は陸よりも2ヶ月ほど遅れているため、9月から10月が一番あたたかいのです。
また、秋が一年で一番海がお魚で鮮やかになります。
それは、南の島から色とりどりの魚がやってくるからです。
ダイビングといえば夏と思っていた人も、秋の魅力に気がつき、この季節を狙ってダイビングをしにくる人も多いです。
水温があたたかく、色鮮やかな魚を見たいという人は、秋にライセンスを取得してみても良いかもしれません。
しかし、秋は台風が多くなる時期でもあります。
天候が荒れると実習が行われないため注意しましょう。
冬も人気の季節です。
12月上旬であれば水温は20度ほどあり、海も透き通って綺麗だからです。
実習では透き通った海でダイビングを学ぶことができます。
このように、季節それぞれ違った魅力があります。
海の綺麗さ、お魚の種類、水温などどのような条件の中でライセンスを取得したいか考えてみてはいかがでしょうか。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP