• HOME > コラム > ダイビングのライセンスに必要な知識について

ダイビングのライセンスに必要な知識について

安全に楽しむために必要な知識

 

安全に楽しむために必要な知識

ダイビングのライセンスに必要な知識があります。
これからライセンスを取得しようと考えている人は、学科講習で何をするのか、難しいのかなど、様々な疑問を持っているでしょう。
ダイビングのライセンスを取得するために受ける学科講習は、ダイビングに必要な知識を学びます。
楽しいマリンスポーツですが、水中で行うスポーツであるため、知っていなければならないことがたくさんあるのです。
また、器材を使用しますが、水中環境に合わせたコントロール方法も学びます。
安全にダイビングをするためにも、知識が必要です。
陸上環境で行うスポーツとは異なり、レギュレーターなど、特別な器材を使用しなければ呼吸することができません。
物の見え方や、聞こえ方、体温の変化も陸上環境と大きく異なります。
知識がなければ、安全に潜ることはできません。
ダイビングライセンスの取得に必要な知識は主に、8つあります。
どのようなことを学科講習で学ぶのか、事前に知っておきましょう。

 

ライセンス取得に必要な知識

 

ライセンス取得に必要な知識

ダイビングのライセンス取得に必要な知識は、ダイビング器材の使用方法と管理方法、準備の仕方、トラブル対処法、バディシステムなどのルール、水中での見え方と聞こえ方、海の生物と接し方について、体の負荷や変化、潮の流れ、透明度など海の環境の8つです。
これらの知識を学科講習で身につけることで、安全にダイビングを楽しむことができます。
知識を身につけているのと、知識がないのでは大違いです。
ダイビングは危険なスポーツではありませんが、知っていれば問題ないことも、知らないだけで不安になることや、怪我をする危険性が高まります。
短期間で知識をしっかり身につけられるかどうか、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。
学科講習の内容は難しいものではありません。
どのような人でも理解できる内容になっており、インストラクターが丁寧に教えるため、問題ないでしょう。
理解できるまでじっくり学び、しっかり知識を身につけることが大切です。
ダイビングのライセンスを取得し、安全に楽しく潜ってみてはいかがでしょうか。


 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP