• HOME > コラム > ダイビングのライセンスにおける難易度について

ダイビングのライセンスにおける難易度について

ダイビングのライセンス取得の難しさについて

 

ライセンスの必要性について

ダイビングのライセンスを取得するためには、講習を受ける必要がありますが、講習を受ければ必ずみんな取得できるというわけではありません。
中には、ライセンス取得ができない人もいるのです。
ライセンス取得の難易度が気になっている人もいるのではないでしょうか。
基本的に、ダイビングのライセンス取得は、難易度が高いというわけではないため、失敗する人も少ないですが、体験ダイビングをせずにライセンス講習を受けると、難しさを感じるかもしれません。
体験ダイビングをしないと、自分の適正がわからないまま講習を受けることになります。
自分が閉所恐怖症や高所恐怖症、心配性だということを知らずにライセンス講習を受け、水パニックに陥りライセンス取得に失敗する人も少なくありません。
ダイビングを一度も経験したことがない人は、ライセンスの講習を申し込む前に、体験ダイビングをしておきましょう。
一般的に、1回ダイビングをすれば2回目からはパニックになることはありません。

 

ライセンス講習について

 

ライセンスを取得した方が楽しみの幅が広がる

ライセンスの講習を受ける際も注意が必要です。
大抵の講習は、プールで演習を行ってから海に入りますが、規模の小さいところは最初から海でやることになります。
海はプールと異なり、波がある、足がつかない、練習しないまま水中でレギュレーターを外すため、難易度が高くなり心理的にもハードルが上がってしまうでしょう。
そのため、ライセンス取得に失敗する可能性も高くなります。
学科の難易度は高くありません。
練習問題をしっかり勉強すれば合格することができます。
落ちても、もう一度受け直させてくれるため心配はいらないでしょう。
しかし、ダイビングの知識を学科で身につけておかなければ、実践練習の際に大変です。
心配な人は、日本でライセンスを取得することをおすすめします。
外国でもダイビングのライセンスを取得することが可能であり、日本よりも難易度が低い、費用が安いとされていますが、中には装備に不備があったなど、トラブルが発生しているため、日本でライセンス講習を受けた方が安心です。
日本でダイビングのライセンスを取得してみてはいかがでしょうか。


 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP