• HOME > コラム > ダイビングのライセンス取得にかかる日数

ダイビングのライセンス取得にかかる日数

ライセンス取得までにはどれくらいかかる?

 

ライセンス取得までにはどれくらいかかる?

ダイビングを本格的に始める前に、ライセンスを取得しておきたいものです。
ライセンスを取得していると、深い海に潜ることができ、体験ダイビングでは出会えない生き物と遭遇できるなど、ダイビングの幅が広がります。
旅行などでダイビングを予定している人もいるでしょう。
その前にライセンスを取得しておきたいものですが、ライセンスの取得は日数がかかります。
日数に余裕を持って、ライセンスを取得しましょう。
ダイビングのライセンスを取得するためには、ダイビングスクールに通って実習などを受けなければなりません。
学科講習やプール実習に半日ずつかかり、海洋実習では2日ほどかかるため、3日〜4日かかります。
必要なコースをすべて受講し、問題がなければライセンスを取得することが可能です。

 

余裕を持ってライセンスを取得しよう

 

余裕を持ってライセンスを取得しよう

ダイビングスクールや指導団体によって、ライセンス取得の日数に違いがありますが、18mまで潜れるライセンスであれば、最短で3日~4日で取得できるでしょう。
また、12mまで潜れるライセンスでは、2日~3日で取得することができます。
10歳以上であればジュニアでも取得することが可能です。
これは、ライセンス取得の目安の日数となり、連続して通う必要はありません。
自分の都合に合わせて、週に1回など定期的に通って取得することも可能です。
しかし、ダイビングスクールによって異なるため、確認しましょう。
学科講習もダイビングスクールによって異なりますが、5時間~6時間ほどで終了します。
学科講習のあとは、理解度を確認するためにペーパーテストがあります。
そして、実技実習はプールでの講習と海で行う講習がありますが、指導団体によって海洋実習のみの場合もあるため、確認してください。
水が怖い人や最初から海で実習することに不安がある人は、プール実習がある指導団体を選ぶと良いでしょう。
プール実習では実際にダイビング器材を装着し、ダイビングの基本を学びます。
海洋実習は水深18mのライセンス取得であれば2日、12mであれば1日ほどです。
1日のうち2回ダイビングをします。
初心者は医学的な理由によって、1日3本までしか潜ることができません。
数日間でライセンスの取得が可能ですが、日数にこだわらず知識をしっかりと身につけることが大切です。


 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP