• HOME > コラム > ダイビングのライセンスが取れない病気について

ダイビングのライセンスが取れない病気について

病気がある人はダイビングが出来ない!?

 

病気がある人はダイビングが出来ない!?

ダイビングと言うと、綺麗な海の底に潜り、魚と一緒に泳ぐような華やかで美しいイメージを持つ人が多いでしょう。
しかし、ダイビングは意外とハードな面もあります。
そもそも長く泳ぐためには体力が必要です。
海底では水圧によって身体に負担が大きくかかるので、十分にトレーニングをした人でないと危険です。
基本的には、ダイビングスクールでトレーニングを行い、免許を取得すれば、ダイビングをすることは可能です。
ただし、体調の優れない時や、何かしら病気を患ったときには、自らの身体を考え、ダイビングを控えましょう。

 

ダイビングライセンスを取る際に気をつけるべき病気

 

ダイビングライセンスを取る際に気をつけるべき病気

ダイビングライセンスを取得する際にはどのような病気を持つ人が気をつければよいでしょうか。
まず、喘息などの呼吸器や、心臓などの循環器系の持病を持っている人は、かかりつけの医師に相談をしてからダイビングを行うべきです。
普段と異なり水中での活動となるダイビングでは、想像以上に身体に負担がかかります。
水中で肺や心臓、血管など、身体の内部にまで負担がかかることで、持病が発作してしまう可能性があります。
高血圧や低血圧、不整脈の人も同様です。
水中では血管が圧迫されるため、身体に大きく負担がかかります。
事前に医師に相談の上、体調が優れない日は避けたり、少し潜ってみて調子がおかしい際は控えたりしましょう。
次に、生活習慣病の人です。
メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の診断をされている方も、危険があります。
ダイビングでは心臓に大きく負担がかかるので、必ず事前に医師に相談を行いましょう。
意外と知られていませんが、虫歯の人も要注意です。
水中で圧力がかかることで神経が圧迫され、ダイビング中に痛みが発生する可能性があります。
最後に、病気ではありませんが、妊婦の方はダイビング禁止です。
病気や体調に注意して、ダイビングを楽しみましょう。


 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP