• HOME > コラム > ダイビングでライセンスの種類が違う人と潜れるのか

ダイビングでライセンスの種類が違う人と潜れるのか

Cカードには様々な種類がある

 

Cカードには様々な種類がある

ダイビングをこれから楽しもうという人の中には、色々なところから発行されているライセンスの違いが分からないという人もいるかと思います。
運転免許のようにダイビングライセンスには正式名称はありませんが、一般的にはCカードという名前で呼ばれています。
ダイビングを楽しむ際、Cカードが無い人は体験コース以外には参加できません。
より海の深い世界を見てみたい、体験コース以外のコースにもチャレンジしてみたいと考えている人は、講習や学科の授業を経てその資格を取得する必要があります。
これは、スキューバダイビングが呼吸のできない環境化で行うものであり、安全に遊ぶ為には正しい知識と技術が無いと大きな事故に繋がってしまうためです。
資格を得ることによって体験できる物の幅も広がり、見えてくる世界も変わります。
Cカードを発行している指導団体は世界中に複数あり、それぞれが独自に発行しています。
取得する際にはきちんとした実績のある団体の元で指導を受けることをお勧めします。

 

ライセンスの種類が違う人と一緒に潜ることは可能?

 

ライセンスの種類が違う人と一緒に潜ることは可能?

友人や知人と潜る時にライセンスの種類が違うと一緒にダイビングを楽しむことはできないのかと不安になる方もいるかもしれません。
特にCカードは様々な団体が発行しているため、発行団体が違う場合には悩んでしまうかもしれません。
しかし、違う団体からCカードを発行されていても一緒に潜ることは可能です。
重要になるのはどの団体から発行されているかではなく、認定されているランクです。
様々な団体によって発行されているCカードですが、ランクによって認定される基準レベルは大きく違うわけではありません。
そのため友人と同レベルのランクの資格を持っていれば一緒に楽しむことができます。
もしお互いのランクが異なるような場合でも、低い方のランクの人に合わせて潜ることができるので少しレベルに差のある友人とも一緒に楽しむことは可能です。
ライセンスの発行団体やランクが異なる場合には予約の段階であらかじめショップなどにその旨を伝えておくとよいでしょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP