• HOME > コラム > ダイビングでライセンスを取る前の適正チェックとは

ダイビングでライセンスを取る前の適正チェックとは

ダイビングを楽しむため適性チェックをしよう

 

ダイビングを楽しむため適性チェックをしよう

ダイビングは人気の趣味の一つです。
これからダイビングを趣味にしようと思っている人もいるでしょう。
ダイビングを始める前に、ダイバーとしての適性チェックをしてみると良いです。
適性チェックをライセンス取得の前にすることで、ダイバーとしての向き不向きが分かります。
ダイビングをするためには、ライセンスが必要になるので、適正チェックをすることで安心してダイビングを楽しむことができるでしょう。
ダイバーとしての適性の一つは、第一に健康な体であることです。
病歴のある人がダイビングをできないわけではありませんが、呼吸器系や循環器系の持病がある人は、医師との相談が必要になるでしょう。
また、ダイビングのライセンス資格は、10歳にならないとCカード講習に参加出来ません。
10歳以上であることが、ライセンスを取る上で必須条件になります。
海が好きであることも大切な適性の一つです。
ダイビングをする上で、泳ぎが得意であることは必須ではありませんが、長く楽しむためには、海が好きなことは大きな強みになります。

 

ダイバーとしての適性は多数ある

 

ライセンスの種類が違う人と一緒に潜ることは可能?

他にもライセンスを取る前にダイバーとしての適性はあります。
ライセンスを取るためには、筆記テストもあるので勉強が得意であることや、海外でのダイビングをするには旅行が好きであることも必要な適性です。
ダイビングの魅力は、人との出会いがあります。
同じ海に潜り、共感しあえる仲間を作ることで、更に楽しみも増し、続けるモチベーションになるため、社交性も必要な適性でしょう。
また、ライセンス取得のための費用や、ダイビング用品を購入するためには、ある程度のお金に余裕が必要です。
ライセンスを取るために、多くの適性がありますが、全ての適性を兼ねそろえている人は少ないでしょう。
努力次第で適正が身につく人もいます。
また、ダイビングを楽しんでいるうちに、自然と適正が身についていたこともあるので、
ライセンスを取るまでに、自身の性格や考え方がダイビングと合っているかを適性チェックで確認してみると良いでしょう。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP