• HOME > コラム > ダイビングライセンスを取得するときの器材の準備は?

ダイビングライセンスを取得するときの器材の準備は?

レンタルと購入はどっちがお得?

 

レンタルと購入はどっちがお得?

ダイビングのライセンスを取得すると、もっと楽しみたいと思う人が多いのではないでしょうか。
ダイビングを趣味とした時、器材をレンタルするか、一式購入するか迷うものです。
ライセンスを取得し、これからも定期的にダイビングをするのであれば、購入した方がお得かもしれません。
器材は安いものではありませんが、レンタルを重ねていけば購入金額よりも高くなる可能性があります。
一式器材を購入する場合、レギュレーターやBCD、ウェットスーツ、マスク、シュノーケル、フィン、ブーツ、グローブ、ウェイトベルトが必要です。
これらを全て購入すると、種類によって異なりますが15〜30万円ほどかかります。
また、遠方でダイビングをする場合は、器材を送らなければならないため送料がかかることにも注意しておきましょう。

 

判断基準は費用だけじゃない

 

判断基準は費用だけじゃない

レンタルの場合は、ショップによって金額が異なります。
都市型ショップであれば7000〜1万円ほど、リゾートの現地ショップであれば3000〜6000円ほどでレンタルすることができるでしょう。
例えば、1万円のショップを利用する場合、15回以上ダイビングをするのであれば購入金額と同じになります。
40回以上ダイビングをするようになれば、購入した方がお得です。
レンタルと購入を迷った時、費用を基準に決める人が多いですが、サイズも判断基準となります。
レンタルするとサイズに限りがあるため、ダイビングをする度に自分にぴったりな器材を毎回使えるというわけではありません。
ライセンスを取得すると、さらに上達したいと考えるものですが、毎回違う器材を使っているとスキルアップの妨げになることもあります。
また、レンタルする器材は安いものが多いため、質を重視したい人は購入がお勧めです。
しかし、レンタルはデメリットばかりではありません。
様々な器材を使用することができるため、始めて間もない頃はレンタルを利用して、様々な種類の器材を使ってから気に入ったものを購入することも一つの方法です。
ダイビングを続けていくかわからないという人は、レンタルから始めてみてください。

 
無料説明会の予約 資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ページのトップへ

PAGE TOP